忍者ブログ

地球日記

三重大学 / 気象・気候ダイナミクス研究室の1コマ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/kankyo/shizen/lab1/earth/ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/~tachi/

   

ASSW2015

どうも, koma2 です.

4/29に富山で開催されたASSW2015(Arctic Science Summit week)にてポスター発表を行ってきました.
発表ネタとしては2013にNABOSのプロジェクトでロシアの砕氷船に乗せてもらって観測した結果で発表しました.北極ネタでの発表は初めてかつ,結果があまり綺麗にまとまっていない状態だったので多少の緊張感がありながら富山へと向かって行きました.

ASSW自体は存在は知っていたのですが,初めて出てみた感想は「案外小さいな・・・」でした.北極関係ではかなり大きいのかと想像しながら向かっていたので,少々驚きましたが実際出てみると気象・気候関係だけでなく北極を対象とした研究分野全てという感じだったので思いの外楽しかったです.
今回NABOSで観測を手伝ってくれた外国の人や,去年カナダの砕氷船「アムンゼン」で知り合った日本人の人たちと再会できたのが新鮮でした.普段の気象学会では絶対に会わないだろうという人たちと会える,「北極」という地域を対象にした学会もなかなかいいなーと思いました.こういう船で出会った人たちとの関係はこれからも繋いでいければな~なんて思いましたね.

仕事の部分でポスター発表ですが,なんと当日に富山の気候が体に合わなかったのか,歳のせいなのか朝から体調がすこぶる悪いという最悪のコンディションで,夕方の発表までまともな状態ではいられませんでした(速効で症状を改善するため,薬を買ったり,怪しげな民間療法を試したりと迷走していました).
しかし,発表が始まり色々な方に興味を持ってもらい,かつ拙い英語でも研究に関してアドバイスをもらったり,おもしろいとい言ってもらえば体調不良なんてなんのその.解析をすすめてまとめ上げねばとしみじみ思いました.

北極の観測の話なども色々な発表の中にあり,皆さんなんとかデータをとっているみたいですが,その時のデータで何かするという感じではないのか~という印象を抱きました.北極の環境が変化するなか,データの蓄積を行っていき蓄積したデータを用いてどうなっているか?どうなっていくかを考えていくような流れで,僕がやった一時の観測データで何かを言うというのはもしかしたら難しいのでは?とういうかそういう解析が少ないのではと不安に感じました(データ取ってみたものの何もいえないという場合もあるでしょうし,事例解析だけではどうなのというパターンもあるでしょうし..).
まあ,研究へのモチベーションもあがりつつ,先行きに不安を感じる今回の出張でした.

手短ですが,報告は以上で...

koma2

拍手[4回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
三重大学 立花研
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
気候について追求する!
自己紹介:
三重大学 生物資源学部
共生環境学科
地球システム学講座
気象・気候ダイナミクス研究室です。

・普段は興味のある気象・気候について研究しています!!

・研究室への質問疑問などなどがありましたら、コメントでも拍手でも構いませんので遠慮なくカキコお願いします!(^0^)ノ

三重大学 Live Camera

空の写真

Twitter

Facebook

Copyright ©  -- 地球日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]