忍者ブログ

地球日記

三重大学 / 気象・気候ダイナミクス研究室の1コマ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/kankyo/shizen/lab1/earth/ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/~tachi/

   

11月20~21日 異常気象学会

論文レビューの発表が終わりHappyです!

B3の中西です。

 

投稿が大変遅くなってしましましたが、112021日に京都大学で行われた

「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会

を聴講しました。

 

印象は初めて聴講した秋季学会と比べて「狭く深く」といった感じでしょうか。

その分難しい内容も多く、理解がなかなか追いつかなかったというのが正直なところです。

 

それでもいくつか収穫はありました。

まず面白いと思った研究を2つほど。

 

1つ目は台風の予報誤差についての研究で、

「近年、海洋貯熱量の増加に伴い急発達事例の発生率が高まっている。これらの急発達(・衰弱)を見逃してしまうことで予報誤差が生じている。」

という内容でした。この内容もさることながら、一番面白かったのがこの先生が見せてくださった「今年10月の台風21号の眼の中を航空機で観測した映像」です!

なかなかレアな壁雲の映像と、搭乗されていた先生のお話にとても興奮しました。

 

2つ目は2017年はじめに発生した「沿岸エルニーニョ」と南米北西部の大雨に関する研究で、

「沿岸域で吹く南よりの風が平年より弱化したため、SSTが顕著な正偏差となり、対流活動が活発化。大雨により数百人単位の死者が出た。」

というような内容でした。

この頃読んでいた論文の内容が熱帯域の雨やENSOに関連する内容のものだったので、特に関心をもって聞くことができました。

 

全体を通しての感想としては、

今まであまり聞きなれていないようなモデルメインのお話(予測可能性、予測限界やアンサンブルについて)や、成層圏のお話が理解できなかったのが少し悔しかったです。

自身の知見を広げるためにも、今後このような分野についても勉強できたらいいなと思います。

 

また、学会の前後には、ちょうど見ごろだった紅葉も観に行くことができ、秋を思う存分感じた2日間でした。

以上です。

拍手[1回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
三重大学 立花研
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
気候について追求する!
自己紹介:
三重大学 生物資源学部
共生環境学科
地球システム学講座
気象・気候ダイナミクス研究室です。

・普段は興味のある気象・気候について研究しています!!

・研究室への質問疑問などなどがありましたら、コメントでも拍手でも構いませんので遠慮なくカキコお願いします!(^0^)ノ

三重大学 Live Camera

空の写真 空の写真

Twitter

Facebook

Copyright ©  -- 地球日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]