忍者ブログ

地球日記

三重大学 / 気象・気候ダイナミクス研究室の1コマ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/kankyo/shizen/lab1/earth/ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/~tachi/

   

研究室合宿in北海道

正月ボケが治らない。B3の中西です。

他の方も投稿している通り、昨年末(12/26~28)に本研究室では北海道幌加内町母子里という所で合宿を行いました。ここは北海道の中でも最も寒く、かつ雪の多い場所です。

 

1日目

4時に津を出発。車飛行機JRJRレンタカーと乗り継ぎ、宿泊先である北海道大学雨龍研究林に辿り着いたのはなんと14時間後の18時でした。疲労困憊。

旭川から母子里までのレンタカーでの道のりは遭難すれすれ。この日はオホーツク海上に位置していた爆弾低気圧が猛威を奮っていたため猛吹雪でした。視界は完全にホワイトアウト。目的地に繋がる道も次々と通行止めとなり、そのたびに迂回経路を探しながら目的地を目指しました。当日目的地近くの名寄市の国道では100台もの車が立ち往生する事故もあったそうです。北の大地の気候の厳しさを大いに実感しました。

ちなみに研究林の施設は想像していたよりもずっと綺麗で暖かく、ご飯も美味しくて感動しました!

   

2日目

この日は雨龍演習林の先生や職員さんのご指導・ご協力のもと、積雪断面観測や山スキーを体験しました。初めて触れる北海道の雪は本州のべちゃ雪とは比べものにならないくらい上質でフカフカ、サラサラ。雪玉をつくろうと両手で力いっぱい握ってもまとまらないくらいでした。

地面が見えるまでひたすら雪を掘り、ものさしを立てると積雪深は126cm10㎝ごとに温度や単位体積あたりの質量も測り、下の方が温度や密度が高いことも確認しました。観測の合間には滑り台やかまくらも作ってはしゃいでいました()

昼食を取って午後は近くの山で山スキー。レジャーで使うスキー板とは少し違い、板の裏にアザラシの皮が貼られていて斜面を登りやすくなっています。とはいえ、スキーなんてほとんど経験したことのない私たちはみんな盛大にズッコケていました()研究林の先生から山の植生についての解説もいただき、とても思い出に残るスキー登山となりました。

その後少々名残惜しく雨龍研究林を後にし、名寄市の宿舎へ移動しました。

1日目に引き続き夜は先輩方の研究の進捗発表を聴きました。お酒やカツゲンを飲み、夜食を食べながら深夜まで…というゼミは今までになく新鮮でした。

         

3日目

みんなはレンタカーで旭川まで帰り、動物園を楽しんだようですが、私は帰省先の仙台までの飛行機の時間が早かったため、名寄駅から電車に乗って来た道を帰りました。ひたすら真っ白な景色の中を走る電車に一人揺られながら、「とても貴重な経験ができたなぁ」と2日間を振り返りました。

拍手[1回]

PR

北海道にてゼミ合宿

こんにちは。M1の関です。
以下の文章は北海道にゼミ合宿に行っていた際のfacebookの投稿のコピペです。
重複するので今回は楽します。笑




札幌向かう電車なうです。
なかなか濃い3日間を北海道ですごしました!
1日目は新千歳空港から旭川駅までヒッチハイクで行きました
初のヒッチハイクをした感想は感謝しかないということでした。いい経験になりました
そして、北海道はとても寒い場所だけど北海道民はとても温かい人が多いなと感じました
旭川駅着いてみんなと合流してからも、どんどん猛吹雪のため通行止になって一時は宿舎まで辿り着かないと思うほどでした。
やっとの思いでたどり着いた雨竜演習林はすごくきれいでとてもおいしい食事を用意していただき、ほんとにうれしかったです
めっちゃ疲れた1日目の夜のゼミ発表はとてもきつかったです。。
2日目の午前は積雪断面観測をしました⛄
東海圏に住む自分たちからすると、着てる服装や履いている靴なども観測には向いていませんでした。自分はスノーボードの格好で臨んだので長靴だけ貸してもらいました。しかし、靴下が薄かったせいですぐに足が凍傷になるかのような冷たさを感じました。それでも、初めての観測にいろいろはしゃいで楽しかったり、雪山の観測の厳しさを学んだ午前となりました
午後は山の方に行って登山用?スキーで演習林らしいことも学びました。スキーで歩くのがとても難しく、何回もこけては暑くなり、また冷えての繰り返しでした。これもまた初めての経験で楽しさ半面きつさ反面の貴重な経験となりました
その後、演習林の場所を移動し違う施設まで行きご飯とお風呂を済ませてから、再びゼミ発表をしました。はじまった時間が22時でそこから4人の発表。結局終わったのが12時半とかでした。ちなみに午前の積雪断面観測だけで疲れてたので、肉体的にも時間的にもなかなか厳しい2日目となりました。
今日3日目は観測や発表などはなく、帰るだけです。ただ電車の時間があったのでしっかり旭山動物園までいって遊んできました。笑
そのあと旭川ラーメンも食べて今に至るという感じです。
まだまだこれから新千歳にむかって飛行機に乗って、セントレアからお家まで帰るので長旅です。
ゆっくり思いっきり寝たいと思う帰り道でした

拍手[1回]

研究室合宿 in北海道幌加内町

ボルダリング!ボルダリング!ボルダリング!な気分です。
B4松岡です。

先日研究室の合宿がありました。この研究室では3,4年に1度ほど遠出をして研究室内の結束を強めているそうです。今回は北海道幌加内町の雨龍演習林というところに行ってきました。計画を立てているときから’遠いから大変だろうな’という思いと’ものすごい遠いところに行ける楽しみ’という気持ちでした。

1日目。
 演習林に着くまで大変でした。’雪で視界が真っ白すぎて危険’という現象を初めて体験しました。真っ白すぎて危険なんですけど、今までそのような経験をしたことがないのでわくわくしていた自分がいたのも事実です。
 到着して美味しいジンギスカンを頂いてからゼミを行いました。いつもと同じメンバーで行うゼミでしたが、新鮮さを感じられました。

2日目
 午前はこの合宿の目的である、積雪断面観測を行いました。自分が住んでいる地域では行うことのできない観測でとても楽しみにしていました。まず、積雪深さを測るために雪を掘りました。三重ではそもそも掘るほどの雪が積もらないので貴重な体験です。そして雪質を調べるために一定体積の雪を取り出し、重さを測りました。これも三重ではそもそも層によって雪質が変化するほど雪が積もらないので雪質とかありません。また、着色された水を断面に振りかけ、視覚的に雪質を調べる方法も教えていただきました。最後に簡易的に積雪深と雪質を測るためのボーリング調査のような観測もさせていただきました。
 午後は近くの山?演習林の一部?に、木について教えてもらう&雪を体験することを目的にして行きました。その際、通常の靴では動けないため、スキーもしくはかんじきを貸していただいて、向かいました。ほとんどの人がスキーを選んでいたので、かんじきを選びました。雪道ではとても歩きやすい道具でした。向かった山ではアカエゾマツ、ミズナラについて教えていただきました。そして、見たことのないような大きなつらら、うさぎの足跡を見つけました。なんといっても景色がすごく幻想的だったのが印象的でした。


 この合宿で感じた事として、雨龍演習林の近くは雪が本当にたくさん積もっていて、見渡す限り真っ白だったし、どこが交差点がも分からないし、移動するにも一苦労、演習林の方は自分たちのことを内地の人と呼んでいる。とても不思議な感覚でした。この町にも生活している人がいるという事と、雪で真っ白のこの世界は夏はどのような景色になるのかという事、主にこの2つの事に3日間ずっと不思議な感覚でいました。三重からはとても遠いので今後行く機会があるのかわかりませんが、雪がない幌加内町にも興味がわきました。最近スマホで天気予報を見るたびに幌加内町や名寄市の天気を見てしまいます。

1つ心残りはワカサギ釣りが出来なかったことですね。

拍手[1回]

ゼミ合宿in北海道

あけましておめでとうございます!!
B3の太田です.

年末年始バタバタして投稿が遅れました.
昨年末に行った北海道でのゼミ合宿について書きます.

12月26~28日に北海道の母子里でゼミ合宿を行いました.
大気雪氷相互作用を研究していくために本物の寒冷地を肌で感じること,研究室のメンバーの交流を深めることを目的に,
北海道大学の雨竜演習林にて積雪の観測や周辺の見学をメインに様々な体験をしてきました.


積雪の観測では,演習林の野村先生に教わりながら実際に観測を行いました.
まず雪を地表面まで掘ります.人が2,3人は入れるくらいになったら,積雪深や各深さごとに雪の密度,温度を測ります.
私たちが掘った雪の深さは約120cm.なかなかの深さでした.ちなみに雨竜演習林に一番近い朱鞠内のアメダスの本日(2018年1月15日)の積雪深は約190㎝.順調に雪は増えているようですね(笑)
地層と同じように,雪も深さによって雪質が異なるようです.観測データでも違いはわかりましたが,観測を終えた後に行った断面への色付けでもはっきりと確認できました.
今回私たちが行った観測は手間をかける部類に属するようで,実際の観測では一日にいくつもの観測点を回らなければならないので簡易的な観測手法もあり,その紹介もしていただきました.

観測の後ではかかとの浮くスキーをつけて演習林の中を登り,演習林にある木のお話をいただきました.
個人的にスキーをつけること自体が初めてだったのですが,楽しくこけてきました.

一応持てうる限りの防寒装備はしたつもりですが,その恰好では...と演習林の方にストップを受け,スキーウェアのような装備をお借りしました.
スパッツという長靴とズボンの間に雪が入らないように守る道具は初めて知りました.
宿泊等も演習林の施設でしました.お世話になった野村先生,演習林の方々にお礼申し上げます.


26日と27日の夜はゼミを行いました.
いつもと同じ場所でいつもと同じような内容なのですが,なんとなく特別感を感じました.
合宿中に五味温泉や,合宿後に旭川動物園にも行きました.
硫黄臭くない温泉もいいなと思います.
また,帰りの道で高速道路に乗りました.日本最北端のICから乗りました.


今となっては無事に合宿の内容を終えられましたが,当初は多々アクシデントに見舞われました.
○その1:ひょっとして飛行機乗れない!?
ちょうど中部国際空港から出発する26日の少し前から,北海道は寒波に見舞われ,新千歳空港に着陸する飛行機や,旭川まで向かう電車が無事に動くのかが心配されました.
結果的にどこも運休にはならなかったので良かったです.
○その2:前が見えない
旭川からはレンタカーを借りて目的地まで山道を移動しました.
一面の雪景色に感動していたのもつかの間,吹き荒れる猛吹雪や前を走る車に巻き上げられるパウダースノーによって視界が見えなくなることも多々ありました.
多くの雪は除雪によって路肩に積まれていたのですが,積まれた雪が崩れている個所に嵌りまっすぐ走っていたはずなのに進まなくなった,なんてこともありました.
○その3:遭難!?
目的地までの道は基本的に一本しかなかったのですが,その一本が雪による通行止めをされていて,迂回路を探すまでの停車中は遭難とも言えたかもしれません.


基本的に建物の中は暖かいし,移動中も乗り物の中は暖かいし,津市に比べてそこまで風も強くないので,
寒かったというよりも冷たかったというのが正直な感想です.ただ,雪堀りをやめた途端体が冷え始めたときは流石北海道と感じました.
三日にも満たない短い期間に加え基本的にお客様待遇であったので,苦労やアクシデントを楽しんで終えることができました.
しかし,実際にここに住むとなると大変そうだなぁと感じたのが正直なところです.
これまでの人生を寒冷地で過ごすことなどなかったので,今回の体験は総じて興味深いことばかりでした.
普段の自分の生活範囲では意識しないけれど,地球規模で考えたら当たり前に存在している場所の一つを知ることができたのではないかと思います.
先日の論文レビューでは積雪に関する論文を扱いましたが,卒業研究にも寒冷地や積雪は絡めていけたらいいなと感じました.
今年の研究室活動も頑張りたいと思います.
ではでは

拍手[1回]

11月20~21日 異常気象学会

論文レビューの発表が終わりHappyです!

B3の中西です。

 

投稿が大変遅くなってしましましたが、112021日に京都大学で行われた

「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会

を聴講しました。

 

印象は初めて聴講した秋季学会と比べて「狭く深く」といった感じでしょうか。

その分難しい内容も多く、理解がなかなか追いつかなかったというのが正直なところです。

 

それでもいくつか収穫はありました。

まず面白いと思った研究を2つほど。

 

1つ目は台風の予報誤差についての研究で、

「近年、海洋貯熱量の増加に伴い急発達事例の発生率が高まっている。これらの急発達(・衰弱)を見逃してしまうことで予報誤差が生じている。」

という内容でした。この内容もさることながら、一番面白かったのがこの先生が見せてくださった「今年10月の台風21号の眼の中を航空機で観測した映像」です!

なかなかレアな壁雲の映像と、搭乗されていた先生のお話にとても興奮しました。

 

2つ目は2017年はじめに発生した「沿岸エルニーニョ」と南米北西部の大雨に関する研究で、

「沿岸域で吹く南よりの風が平年より弱化したため、SSTが顕著な正偏差となり、対流活動が活発化。大雨により数百人単位の死者が出た。」

というような内容でした。

この頃読んでいた論文の内容が熱帯域の雨やENSOに関連する内容のものだったので、特に関心をもって聞くことができました。

 

全体を通しての感想としては、

今まであまり聞きなれていないようなモデルメインのお話(予測可能性、予測限界やアンサンブルについて)や、成層圏のお話が理解できなかったのが少し悔しかったです。

自身の知見を広げるためにも、今後このような分野についても勉強できたらいいなと思います。

 

また、学会の前後には、ちょうど見ごろだった紅葉も観に行くことができ、秋を思う存分感じた2日間でした。

以上です。

拍手[1回]

ブログ内検索

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
三重大学 立花研
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
気候について追求する!
自己紹介:
三重大学 生物資源学部
共生環境学科
地球システム学講座
気象・気候ダイナミクス研究室です。

・普段は興味のある気象・気候について研究しています!!

・研究室への質問疑問などなどがありましたら、コメントでも拍手でも構いませんので遠慮なくカキコお願いします!(^0^)ノ

三重大学 Live Camera

空の写真 空の写真

Twitter

Facebook

Copyright ©  -- 地球日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]