忍者ブログ

地球日記

三重大学 / 気象・気候ダイナミクス研究室の1コマ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/kankyo/shizen/lab1/earth/ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/~tachi/

   

北大低温研

にしかわです

3月6-7日に北大の低温研に行ってきました
古関さん,三寺先生,中村先生,おふじと
オホーツク海における大気海洋相互作用のディスカッションを
してまいりました

OISSTの値でさえ,観測されたSSTの値と異なっていて,
特にブッソルのあたりではズレが顕著であり,
そのOISSTのデータを使ってのモデル結果は
やっぱり実際に観測された大気場とは異なっているので,
再現性をよくするためにはどこまで細かくできるのか??
といったことが議論に上がりました
ほかにも,SST勾配の強いブッソル周辺での鉛直プロファイルの形成メカニズムについてや,
メソ高気圧の形成過程をモデルで再現できないか,
オホーツク海だけにとどまらず亜寒帯域での下層雲の形成についてなど,
様々な議論が行われました

今後は,共同研究としてチームで分担して解析を行う
ということで研究が進んでいきます
私は,個人的に心残りであったブッソル以外の海域でのオホーツクのゾンデ観測データを解析し,
下層雲の形成について注目しながら解析を行っていきます
2006年だけでなく1998年のデータや,
亜寒帯域にも注目したいのでこれまでAlineで行われたゾンデ観測のデータ等も解析に加えながら,
下層雲の形成メカニズムについて解明していきたいです
さらに,おふじがモデルを教えていただくのに便乗し,私も教えていただけることになりました
ゆくゆくは,モデルでの下層雲の再現が目指せれば。。。
モデルは本当によくわかっていないのでドキドキですが,非常に楽しみです

夜は,おふじも書いていましたが三寺先生御用達の”しおのや”に連れて行っていただきました
いやーおいしかった初ホヤ
あ,写真は後日掲載いたします

あ,ちなみに6‐7日は非常にあたたかく,雨が降りました
2012年初雨だったらしいです

それではこの辺で~


拍手[2回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
三重大学 立花研
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
気候について追求する!
自己紹介:
三重大学 生物資源学部
共生環境学科
地球システム学講座
気象・気候ダイナミクス研究室です。

・普段は興味のある気象・気候について研究しています!!

・研究室への質問疑問などなどがありましたら、コメントでも拍手でも構いませんので遠慮なくカキコお願いします!(^0^)ノ

三重大学 Live Camera

空の写真

Twitter

Facebook

Copyright ©  -- 地球日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]