忍者ブログ

地球日記

三重大学 / 気象・気候ダイナミクス研究室の1コマ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/kankyo/shizen/lab1/earth/ → http://www.bio.mie-u.ac.jp/~tachi/

   

2014年夏の思い出たち

どーも,にしかわですemoji
夏ももう終わってしまいますね。。。
寂しいような,涼しくなるのが嬉しいような。。。
さて,この夏はいろいろなところに行ってきました。
ので,長くなりますがちらっとご紹介したいと思います。


emoji大槌シンポジウム:8月25日~28日emoji

岩手県大槌町で毎年行われている研究集会です。
今年で4回目の参加!!emoji

2011年に津波で大きな被害を受けた大槌町。
少しずつですが復興も進んでいて,いろいろな場所で工事が行われていました。
また,仮設住宅が昨年に比べて少なくなった印象を受けました。
それでも,津波によってなぎ倒されたガードレールなどはそのままで,
震災の爪痕はまだまだ残っているなと…
さて,研究集会は前半が海洋パート,後半大気パートで行われました。

東海大の松野君は太陽黒点数とSSTの関係についての発表でしたemoji
年平均値で見ると,中緯度海域では強い正相関,低高緯度域では相関が弱いか逆相関関係にあるとのことでした。
また,23年移動平均をかけた場合には,海域ごとで関係が異なる結果となっていました。
今後も大気場・海洋場の両方から解析を進めていくということで,結果が楽しみですemoji

東海大の加藤さんは,栄養塩供給に対する渦の役割を物理ー生態系モデルで表現するというものでした。
渦の東側で生物プランクトンが多くなるという非対称性がみられ,台風の前面で降水が強くなるような非対称性となんだか似ているなーと感じました。
大気パートは,今年はとても参加者が多く,ポスター発表が導入されました!emoji
口頭発表・ポスター発表とも面白い発表盛りだくさんでした。
特に,の話がいくつかあって勉強になりました。

弘前大の佐藤さんは東シナ海で長崎丸で観測された霧についての発表でした。
霧は,SAT‐SSTが大きいところと霧の濃い時間帯が一致し,観測された霧は前線霧の可能性が高いとのことでした。
実際に観測された霧の解析結果は,とても参考になりますemoji

気象研の川合さんは,衛星データを用いて中緯度下層雲の構造を解析されていました。
大気が安定になる夏季の海上では下層雲雲頂が低く,冬季には雲頂が高くなるという季節性があるということでしたemoji
また,霧はSAT-SST>0のときにできやすいそうです。
さらに,放射の影響が大きく異なるので,下層雲のみなのか,雲が多層なのかという点は重要とのことです。
私はポスター発表をさせていただきました。
時間は限られていましたが,いろいろとコメントをいただいて勉強になりましたemoji
懇親会や二次会でもたくさんの方とお話しできました。
今年もとても楽しかったですemoji
来年も絶対参加したいっemojiemoji



emoji海洋夏の学校:8月30日~31日emoji


東海大学主催で清水で開催されましたemoji
今年は海洋物理だけでなく,生物や化学の学生も含め70人ほど!
多くの若手が集まりました。
研究発表も,普段聴くことの少ない生物系の話などが聴けて,面白かったです。
特に,魚の鳴き声についての発表はとても興味深かったですemoji
懇親会でも,生物系・化学系の学生といろいろ話すことができ,交流が広がりました。



また,東海大学の水族館にも遊びに行きました。
水族館は予想以上に多くの展示があり,とても楽しかったです。
津波の実験装置もあり,すごく迫力がありましたemoji
東海大学に行った際はぜひ水族館にも行ってみてくださいemoji


emoji海洋学会:9月14日~16日emoji


2014年度の秋季大会は長崎で行われました。
長崎丸乗船時には何度も訪れた長崎ですが,久しぶりだったのでワクワクemoji

学会1日目の午後には『黒潮続流』のセッションでした。
東大の中村尚さんは,升永くんの論文について発表されていました。
ERAのデータを用いて,解像度の粗いSSTデータを使用している前半の期間と,解像度の細かいSSTデータを使用した後半(最近)の期間との比較が興味深かったです。
SSTデータが細かい最近の場合は,親潮前線が再現されており,さらに大気も親潮前線に応答した構造をしていました。
水温前線の重要性がよくわかるなぁと感じましたemoji

海洋大の小橋さんは,3隻同時観測のXCTD観測を使用した解析結果を示されていました。
密度躍層の上部において,SSTフロントが流軸よりも北側へズレており,その差は流軸が北上後に南下した際にSSTフロントと流軸の差が大きくなるという結果。
黒潮系の水が流軸を横切って北上したことが要因とのことでした。
3隻同時観測で海洋内の興味深い構造が明らかとなって,すごく面白い!!emoji
3日目には相互作用のセッションで,自分の発表がありました。
今回は論文の宣伝も兼ねて,久しぶりにオホーツクの話をしました。
なんだかんだで口頭発表が久しぶりだったので,緊張で大変でしたemoji
満足のいく発表ができなかったのが心残りですが,いくつかコメントもいただきました。
気象学会ではオホーツクの内容でポスター発表をします。
もっとうまく内容を伝えられるように頑張ろうと思いますemoji


ちなみに,懇親会で海洋学会ロゴの入った波佐見焼のマグカップが当たりましたemoji


さて,長々とお付き合いいただきありがとうございました。
以上,にしかわの夏の思い出たちでしたemojiemoji
ではではemoji

拍手[2回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
三重大学 立花研
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
気候について追求する!
自己紹介:
三重大学 生物資源学部
共生環境学科
地球システム学講座
気象・気候ダイナミクス研究室です。

・普段は興味のある気象・気候について研究しています!!

・研究室への質問疑問などなどがありましたら、コメントでも拍手でも構いませんので遠慮なくカキコお願いします!(^0^)ノ

三重大学 Live Camera

空の写真

Twitter

Facebook

Copyright ©  -- 地球日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]